薬剤師として薬局で働いてみて思うこと

薬剤師として薬局で働いてみて思うこと

薬剤師の就職に関する体験談を掲載

このサイトでは、「薬剤師どのような思い出働いているのか?」ということに焦点を当てています。

 

そのため、ここに掲載されている記事は実際の薬剤師さんから募集したものとなっています。

薬剤師という職業での苦労

薬剤師として薬局で働いてみて思うこと私は、長年調剤薬局で薬剤師として勤務しています。窓口で直接患者さんと会話をする日常の中、とてもやりがいがあるお仕事の一方、人には言えない苦労もたくさん有ります。

 

薬剤師としての大切な仕事の1つに、医師から処方されたお薬の飲み方や効き目などを患者さんに説明して、納得してもらう事が有りますが、患者さんの中には、処方されたお薬に不満を持って、以前飲んでいたものに変えてほしいとか、眠気がくる薬は業務に差し障るので、変更してほしい、と言った要望をおっしゃる方が大勢いらっしゃいます。そんな時の対応で、まず、こちらの話は聞き入れて下さらない方がほとんどですので、まず、患者さんお話を最後まで聞いて、場合によっては、担当医師に電話で相談して、お薬の変更が可能かどうか聞いてみないと、患者さんが納得してくれない場合も有ります。

 

お薬とは、患者さんがもっている症状を和らげるために医師が処方して下さっている物なのですが、患者さんによっては、文句を言ったり、お薬の受け取りを拒否される方もいらっしゃいます。

 

このようなケースの対応として、毎回医師に対応してもらう訳にはいきませんので、調剤薬局の責任者の方に患者さんの納得のいく対応をお願いしています。特にお年寄りの方は、薬が変更されたら、今まで飲んでいた物の方が安心だ、という理由で、かたくなに拒否される事が多いのです。そんな時は、付添いの親族の方に相談して納得して頂いたり、場合によっては、ご自宅にお電話して、親族の方に相談したりすることも有ります。

イーゼルアンティーク看板制作のglitzglitz

また、その他の苦労としましては、患者さんからのヒアリングも有ります。中には、ヒアリング事態を拒否される方もいらっしゃいますし、あからさまに、説明の途中でも、ハイハイ、と言って話を打ち切ろうとする方もいらっしゃいます。

 

病院にはさまざまな症状を抱えた患者さんがいらっしゃいますので、薬によるアレルギーがでたり、既に飲んでいる処方薬との飲み合わせが悪かったりなど、ヒアリングをきちんと行わないと、間違った判断で、お薬を渡してしまう場合もありうるのです。

 

そのような危険な状況を避ける為にも、ヒアリングがきちんと出来ないと細かな情報まで、チェックできませんので、お薬の飲み合わせのチェックなども出来ない状況になってしまいます。

 

お薬を飲むことで、多くのトラブルをなくして、今ある症状が良くなるために、ヒアリングには力を入れなければいけないのです。

 

薬剤師の可能性は大きい 今は・・・

薬剤師として薬局で働いてみて思うこと

 

現在は、薬剤師の需要は非常に高いです。

 

お給料も良く、もしその職場が嫌になったとしても、薬剤師や看護師が転職するたびに、どんどん給料が上がっていく感じとなります。

 

需要と共有のバランスが崩れているためです。

 

しかし一方で、薬剤師のしごとなのに薬剤師がいなくても正直できる仕事が多くあります。例えば調剤。調剤の仕事は本来、薬剤師が行います。しかし調剤をしようと思えば、誰でもできてしまう現実もあります。

 

そのため、人手不足の薬局の場合、事務員が調剤を行っている事もありました。

 

ここで注目すべきなのは、特に資格がなくても、調剤ができてしまうということです。そうなると、薬剤師の重要性が薄れてくるのです。

 

そのため、現在は薬剤師の存在は人手不足になるほど重要です。お給料もかなり恵まれています。しかしこの先、どんどんその重要性が低くなる可能性は否めません。


ホーム RSS購読 サイトマップ